2020.11月号vol.77

CAD/CAMシステム臨床オンライン勉強会

9月28日(月)の診療後は、私が主催する歯科医師勉強会グループでオンラインセミナーを開催しました。

セミナーでは、「CAD/CAM(キャドキャム)システム」を活用した臨床について学び、有意義な時間となりました。

「CAD/CAM(キャドキャム)システム」での治療では、治療のための歯の型取りは必要なく、口腔内スキャナーによって歯をデータとして読み取ります。

読み取った歯のデータをもとに、専用ミリングマシンによって、高精密なセラミック素材の被せ物を作製します。

「CAD/CAM(キャドキャム)システム」では、圧縮された高密度なセラミックブロックを使用することで、一般的なセラミックの被せ物よりも強度もあり、より高品質なセラミック治療が可能になります。

これからの健康につながる「CAD/CAM(キャドキャム)システム」治療については、お気軽にお尋ねください。