2020.11月号vol.77

CAD/CAMシステム臨床オンライン勉強会

9月28日(月)の診療後は、私が主催する歯科医師勉強会グループでオンラインセミナーを開催しました。

セミナーでは、「CAD/CAM(キャドキャム)システム」を活用した臨床について学び、有意義な時間となりました。

「CAD/CAM(キャドキャム)システム」での治療では、治療のための歯の型取りは必要なく、口腔内スキャナーによって歯をデータとして読み取ります。

読み取った歯のデータをもとに、専用ミリングマシンによって、高精密なセラミック素材の被せ物を作製します。

「CAD/CAM(キャドキャム)システム」では、圧縮された高密度なセラミックブロックを使用することで、一般的なセラミックの被せ物よりも強度もあり、より高品質なセラミック治療が可能になります。

これからの健康につながる「CAD/CAM(キャドキャム)システム」治療については、お気軽にお尋ねください。

2020.11月号vol.77

先進歯科医療CAD/CAMシステム

先月、当院で新たに導入した先進歯科医療の一つである「CAD/CAM(キャドキャム)システム」を学ぶため、友人の歯科クリニックへ訪問しました。

CAD/CAMシステムとは、専用スキャナーで撮影した口腔内の情報をコンピュータ処理をすることでデータ化し、専用機器によってセラミック素材の被せ物などを作製する治療システムです。

CAD/CAMシステムは、欧米では歯科大学のカリキュラムにもなるほど普及しています。

日本で導入されている歯科クリニックは少数ではありますが、その高い信頼性から少しずつ普及してきています。

今回の訪問勉強会では、診療での具体的な活用や、CAD/CAMシステムの最新情報などをシステムを実際に動かしながら実践的に学ぶことができました。

このような治療の質を向上させ、患者様が受ける治療の負担も軽減できるシステムが、益々普及していくことの可能性を感じました。

2020.11月号vol.77

宮の丘中学校 学校検診

9月16日(水)は、クリニックを休診させて頂き、学校の歯科検診のため、宮の丘中学校に訪問しました。

当院は、2015年から宮の丘中学校の校医となり、6回目の今回の検診は、当院の小児歯科専門外来を担当している種市先生のほかスタッフ2人と私を含む4人で訪問しました。

新型コロナウイルスの影響で、例年よりも実施を遅らせた検診は、感染防護やソーシャルディスタンスを確保して行なったため、通常よりも長時間の検診となりました。

検診を終えて、むし歯を持つ学生は本当に少なく、口腔健康の意識が高まっていることを実感することが出来ました。

中学生になると、運動や部活終わりにスポーツドリンクや炭酸飲料を飲むことも多くなりますが、これらは糖分が多く、むし歯リスクを上げてしまうため、習慣化させないことが大切です。

将来にわたって健康な歯を守るためにも、学校歯科検診のほかに、定期的に歯科医院で検診を受け、これからもお口を健康的な状態を維持し続けて欲しいと思います。