2019.1月号vol.55

新年のご挨拶

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

今年の正月休みは、例年よりも長く休めたという方が多かったのではないでしょうか?

また、新たな目標を立てた方もいらっしゃるかと思います。

こうの歯科クリニックは、昨年に続き今年も患者さまの健康につながる質の高い歯科治療を目指していきます。

歯科治療は、ムシ歯や歯周病だけではなく、正しい噛み合わせを守るなどの役割もあります。

噛み合わせが悪く、一部の歯だけに過度な力がかかることで歯に亀裂が入り、その隙間からムシ歯菌が侵入することや、歯の寿命に関わることもあります。

当院では、すべての治療において、正しい噛み合わせに導く歯科治療を届けていきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

広告

2019.1月号vol.55

フッ素の力でムシ歯予防

ムシ歯は、自然に進行が止まることはありませんが、初期の段階であれば治療の負担を最小限に抑えることが出来ます。

また、治療した歯は再びムシ歯になってしまうリスクが上がることから、特にムシ歯予防への取り組みが大切になります。

ムシ歯を予防するためには、毎日の正しい歯磨きと、歯と歯の間を衛生的に保つためのフロスや歯間ブラシを使ったセルフケアが大切です。

ムシ歯予防に効果がある「フッ素」には、歯を再石灰化することで歯を正常な状態に戻す作用や、抗菌作用のほかに、歯の表面のエナメル質を強化する働きもあります。

毎日の歯磨きでは、フッ素が含まれている歯磨き剤の活用と合わせて、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをすることで、お口の衛生環境を保つことがムシ歯予防に繋がります。

2019.1月号vol.55

仲間との勉強会

12月15日(土)は、昨年の4月に立ち上げた歯科医師勉強会グループで「歯の根の治療」をテーマに臨床勉強会を実施しました。

歯の根には、歯に栄養を届ける血管や、神経があるため、歯科治療分野では高い精度を求められる治療の一つです。

また、場合によっては、歯の根の治療精度を上げることで歯の寿命に影響を与えることもあります。

勉強会では、実際の歯や模型を用いて、それぞれの医院で使用している機器や材料を使った実習を行いました。

実習のほかにも、「歯の根の治療」について日々の診療の中で感じている課題などについてもディスカッションをすることが出来ました。

歯の根の形や、症状は人それぞれなので、同じ治療をしても同様の結果が出ないこともあります。

日々の診療と継続する学びの中で、技術の研鑽を積み重ねることで患者様にとって最善の歯科治療へ繋げていきます。