2018.11月号vol.53

健康を守る「後期高齢者歯科健診」

10月より、後期高齢者医療に加入されている方が年一回の歯科健診を受けることが出来る「後期高齢者歯科健診」が始まりました。

「後期高齢者歯科健診」は、地域の方がいつまでも健康で、これから先も美味しい食事を楽しむためにも大切なお口の健康をお守りしていく取り組みです。

健診では、歯や歯ぐき、咬み合わせを中心にお口の状態を検査するほか、口腔乾燥や口腔機能についても診査致します。

また、会話や食事の運動に関わる「舌」や「嚥下(えんげ)」「咀嚼(そしゃく)」の機能も検査し評価することが出来ます。

先月号の「にしの通信(10月号vol.52)」でもお伝えしました、お口の機能の軽微な低下や食の偏りなどを含んだ、心身の衰えのオーラルフレイルを予防し、健康寿命に繋げていく為の「後期高齢者歯科健診」です。

申し込み方法は、札幌歯科医師会に登録されている指定歯科医院の受付か、お電話で直接お知らせのうえ、受診の際には「北海道後期高齢者医療被保険者証」をお持ち下さい。

ご家族に、ご高齢の方がいらっしゃる場合には「後期高齢者歯科健診」ご案内をお願い致します。

広告