2018.11月号vol.53

健康を守る「後期高齢者歯科健診」

10月より、後期高齢者医療に加入されている方が年一回の歯科健診を受けることが出来る「後期高齢者歯科健診」が始まりました。

「後期高齢者歯科健診」は、地域の方がいつまでも健康で、これから先も美味しい食事を楽しむためにも大切なお口の健康をお守りしていく取り組みです。

健診では、歯や歯ぐき、咬み合わせを中心にお口の状態を検査するほか、口腔乾燥や口腔機能についても診査致します。

また、会話や食事の運動に関わる「舌」や「嚥下(えんげ)」「咀嚼(そしゃく)」の機能も検査し評価することが出来ます。

先月号の「にしの通信(10月号vol.52)」でもお伝えしました、お口の機能の軽微な低下や食の偏りなどを含んだ、心身の衰えのオーラルフレイルを予防し、健康寿命に繋げていく為の「後期高齢者歯科健診」です。

申し込み方法は、札幌歯科医師会に登録されている指定歯科医院の受付か、お電話で直接お知らせのうえ、受診の際には「北海道後期高齢者医療被保険者証」をお持ち下さい。

ご家族に、ご高齢の方がいらっしゃる場合には「後期高齢者歯科健診」ご案内をお願い致します。

広告

2018.11月号vol.53

正しい食習慣でムシ歯予防

ムシ歯から大切な子どもの歯を守りたいと思い、毎日の歯磨きに加え、定期検診に通院されるご家族も多くいらっしゃいます。

体の健康と同じように、歯の健康にも食習慣が影響することをご存知でしょうか?

お口の中は通常「中性」で、この状態のときはムシ歯になるリスクは下がっていますが、食べ物を口の中に入れると「酸性」になり、ムシ歯リスクが上がります。

だ液は、酸性になったお口の中を中性に戻す働きがあり、ムシ歯から歯を守る大切な役割を持っています。

ムシ歯を予防するためには、食事と食事の間隔をしっかりとることで、お口の中を中性に戻すことが大切です。

継続的に間食し、常にお口の中が酸性の状態が続いてしまうとムシ歯になる可能性が高くなり、間食がお菓子など糖分の高いものであれば、さらにムシ歯リスクが上がってしまいます。

健康に夏休みを過ごすためにも、食事やおやつの時間をしっかり決め、規則正しい食生活を送ることがムシ歯予防につながります。

2018.11月号vol.53

8月・9月歯科の祭典デンタルショー

8月18日(土)は札幌パークホテル、9月29日(土)は札幌ファクトリーにて、『デンタルショー』が開催され参加しました。

それぞれ主催は違いますが、どちらのデンタルショーも毎年開催され、歯科に関連する治療器材や最新診療システムなどの歯科関連メーカーが出展します。

これまで使用していない歯科材料や診療機器などを実際に見て、使用することも出来るデンタルショーは、私たち歯科医療従事者にとって、とても貴重なイベントです。

今回のデンタルショーでも、様々な製品を確認することができ、今後の「こうの歯科クリニック」でも活かしていける多くの情報を得ることができました。

常に新しい情報を取り入れ、最新の歯科医療を知ることを継続していきたいと思います。